• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20050506224204


読了しました。
なんか織が大好きだ(//ワ//)
ラストパートでいちばん好きになったな。
夢をみることが好きな織…なんかもうすごく好きだ。
あの無邪気でさばけた性格がいいな....

そして私的この作品のBestセリフは

「......だからせめて。あいつには、織を覚えていてほしい。
 ......今の私は織の見る夢だから」


です。
織は夢見ていた式の姿を現実にしたくて式の身代わりになって死んでくれたんだ。自分が居てはそれは叶わないから。
(T_T)なんともいい話しでした。

■殺人考察
この話しは上巻の前編から気にさせられて、この続きがきになったからはやく下巻も見たい!と巧く思わせられたんですが犯人さんはなるほどこう絡ませてくるのかでした.....。
でも式変装はちょっと引きました。男児の金髪おかっぱ恐い....(笑)

そして作中の
 式『人間は一生に一人しか殺せない』
幹也『人は一生で一人分の死しか背負えない』
って言葉がよかったです。
人は最後に自分の死を受け持たないといけないから人を殺せない。でも式は最後になって殺しちゃったから自分の死を受け持てなくなった。でも、なら僕がそれを式のかわりに背負ってやる。
ってのはステキな絆(愛)物語りでした。

ラストの式と幹也はちょっと書き足りてない部分もあるかな思いました。
....私はてっきり死んじゃうと思ったんですが^^;
でも「......なんだ。泣いても許してくれないんだ。」の下りは好きデス(//u//)
総体的に下巻の式はかわいかったです。


お話は『忘却録音』が好きかも(^皿^)
学園侵入捜査ってだけで非常にツボです(笑)
最後の「玄い霧」と「黒い桐」は式巧くかわしたなと思いました。
でもあれ本当に似てたのかな?幹也に顔....
写真を見たであろう本人とトーコさんは一言もそのことに触れませんでしたし.....。

まとめ:この本は私的にちょっと難しい感じでした(笑)
    星3,5コくらいかな^^;
    やっぱ「され竜」とかのが面白いと思いました...あはhh...
    あと脳みそ理解度のせいでしょうが
    ブギーポップの方が読みやすく面白かったかな。(読んだの大分前ですが...)

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
初めまして
初めまして、秋桜と申します。
空の境界読んでたんですか!私も読んでましたよー
私は殺人考察(前)と痛覚残留が好きですかね。話は忘却録音が一番読みやすかったです。

なんか私のことばっかでゴメンナサイ;では!
2005/05/08(Sun) 22:06 | URL  | 秋桜竜 #ldSHJ4vM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。