上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




zala.gif


今日は密度が高かったですね.....(涙)
面白かったけど目も心も追いついて行けず、わぁ~わ"ぁ~叫び泣きながら見てました。ずずっ.....(←鼻水啜る音)

嗚呼....アウル大好きだったのにぃぃぃ~~~(T□T)うぉ~~ん
死に方が地味に酷くてそれが余計に痛かった.....。

オーブ軍人さん達の「軍人として命令は絶対だ。だから我々はそれに従う」という
そこに誇りを持って臨んでいる姿の熱さに胸を灼かれました。
そしてさらに、そう言いながらも本当の主君であるカガリを守っているのが更に熱かったです。
カガリなら、とオーブを託してるんだなと思ったところです。


過去で、進む方向も分からずその場所にうずくまっていたシンに行き先を提案してあげたトダカさん。
その運命が巡ってこんな最後に辿り着くなんて...う"ぅ~~
こなったら更に運命が巡って、シンがトダカさんが信じて守ろうとしたカガリとオーブという国をわかる日がくることを祈ります。ぐすっ....シンのあほぅ~~~~~!
トダカさんの最後は最高にカッコよかったです! (TへT)ゞ びしっ☆
は...初登場シーンから大好きでした!!!!(叫っっっ!)


□今回の最燃えセリフ


キラ「でもカガリは泣いているんだ。
   それなのにカガリの守ろうとしているものを君は撃つの?」


最近アスランに「こんにゃろぉ~~」と思っていた私はすっきりでございました。
この前の話し合いでアスランは「カガリが同盟を止められなかったから悪い。どうやってでも止めるべきだったんだ!」とカガリの行いの過去を責めていましたが、
もう過去はどうすることもできないから「今」をなんとかしようと思って行動したんじゃないか!
変えられなかった過去より「今」を変えようと思って。
そして今回も...!


そんなカガリが守ろうとしているを奪うの?君が?
.....カガリは君の守りたいものじゃないの?

上記のキラのセリフに含まれる意味合い。
自分の行動と気持ちに矛盾が生じているということに気づけたかな?アスラン。
まぁ、しばらくキラに突き落とされたのを機に反省してくるといいと思います。(この場面もすっきりした 笑)
でも考え改めてもAAには戻ってこれないだろうな....なんか...。
二度の過ちは(過ちではないと思うけど)本人にしても許せないところだろうし。
いっそ対AA側でありつづけたほうがしっくりするかも。
「俺はもう戻れない!」みたいに。んでまたカガリに「バカヤロー!」とどやされるんだ(にまっ)


※セリフはニュアンスを記憶しているものでその正確性は保証し兼ねます(笑)
 まぁ、見返せばいいんですけどね.....ごめんなさぃ^^;




スポンサーサイト


20050430022703


■式さんを描いてみたんだどもやっぱ写メじゃ潰れるですね...あははっ;

ひっそりと敬っているサイトさんでオススメされていた『空の境界』の上巻を今日読破しました。
「ソラのキョウカイ」かと思いきや「カラのキョウカイ」だったんですな!
そのサイトさまのオススメ記事を見てからずっっ~~と読んでみたいなと思ってたんですが中々読む時間が無くて
ようやくこないだ買って(今お財布寒いんですが 笑) 読みました☆


どんなお話かなと思ったんですが以外に血が一杯でおどろき。
主人公なのに殺人とかいいんだろうか....と、「主役=絶対正義☆」的な偏見で見てる時点で自分はダメなんだろうな...と思ってみたり(笑)
お話の印象はブギーポップ系統な感じなんだなぁという感じです。
こういうのが「伝奇」という系統なのかしら?(...どうなのかしら;)

中身の時間が比例した進みになっていないところに少なからず戸惑ったり。でも謎解きの面ではこの順番なんだな。と納得したり。ようやく読み慣れてきた感じです。
式は勿論コクトー君がなんかいいキャラで好きです☆
あと織君がなんかステキに思います。しゃべりっぷりとか内面とかも。私的にカッコイイぜぃ!( ̄へ ̄)b ッグ☆
あの式のさばけた感じ気持ちよくっていいです。常識では括れない人だから一つ一つの行動が悪い意味でもいい意味でも毎度楽しみです。
行動に関してはコクトーくんもどう動いていくのか楽しみにワクワクさせてもらいながら読み進めらせてもらいました。

しかし、考え込む力が足らないからトーコさんとかのセリフを理解しきれなかったり.....凹
んで、「空の境界」はどこかも分からなかったり...凹凹
空なのに境界とかあるの.....かな?
矛盾とかの意味追求が苦手な路地5でした。

お財布寒いけど下巻もGetしなくっちゃ☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。